読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生が夏休みにヒッチハイクで一人旅に出た話

中学生がヒッチハイクで一人旅に出た話です。

何一つおもしろいこともない世界

旅に出るまでの経緯 中2の1学期
この記事をシェアする

実際のヤンキー社会は、マンガで読んだような男らしい世界ではなかった。

それどころか、みんな集団で行動していないと安心していられないような、臆病な奴らばかりだったのた。

すでに世襲によって序列が決定しているから、ケンカや抗争も起こらない。

とはいえ、いくらヤンキー貴族といえども、あまり調子に乗って威張りすぎると、反発はあるものだ。

だから、貴族ではないフツーのヤンキーは、なんとかしてヤンキー貴族をヘコましてやりたい。

しかし、表立って反抗したり、ボコッたりしたら、後が怖い。

そこで、あまり威張りすぎた奴や、仲間から嫌われたヤンキーは、皆からハブられるようになった。

本来なら、気に入らなければ正々堂々ぶちのめすのがヤンキーの流儀だろう。

だが、この中学校では、こういう陰湿な方法でヤンキー社会の秩序が保たれていた。

しかも、ハブられるターゲットは毎回変わるのだ。

そんな状況だったから、皆、いつ自分がハブられるかと、びくびくしながら、周りの空気ばかり気にしていた。

男らしいどころか、ものすごく女々しい世界だった。

もともと、僕は協調性がなく、人に合わせるのが嫌だった。

だから、自由にわがままに生きるために、ヤンキーの仲間入りをしたはずだった。

それなのに、憧れて入ったヤンキー社会は、まるで女の子の世界のように(女子には失礼かもしれないが)陰湿で生きにくいのだ。

そんなわけだから、こんな空気を読む生活には、嫌気が差すことも多かった。

でも、突然ヤンキーをやめたら、学校に居場所がなくなりそうだ。

だから、抜け出すことも出来なかった。

毎日、特にすることもなく、皆でどこかでたむろしていた。

先生や、真面目な生徒をからかったり、集団で町を闊歩して自分たちの存在を誇示したり、しょうもない悪さをするだけの、本当に、何一つおもしろいこともない世界だった。