読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生が夏休みにヒッチハイクで一人旅に出た話

中学生がヒッチハイクで一人旅に出た話です。

友達

この記事をシェアする

翌日、僕はリキヤ達の所へは行かなかった。

あんな奴らのことより、旅から帰ったら、どうしても会いたい奴がいたのだ。

旅の間つけていた日記や、写真なんかを鞄に入れて、昼過ぎに家を出た。

真夏の太陽が照りつける中、僕は、小さい頃から通いなれた住宅街の坂道を、自転車を漕いで登っていった。

汗だくになりながら、僕は、中学に入ってから、あいつとの間にあったことを思い出していた。

僕があいつに嫌なことをしても、あいつは僕を許してくれた。

僕があいつを裏切った時は、恨み言のひとつも言わなかった。

クラス中が僕をシカトしていた時も、あいつだけは、僕を気にかけていてくれた。

今思えば、僕の本当の友達は、最初からあいつだけだったんだ。

額から垂れた汗が、目に入ってしみた。もう少しで、丘の上のあいつの家だ。僕は、ラストスパートをかけて一気にペダルを漕いだ。

やっと丘の頂上についた。僕は息を整えると、いつものように、二階のあいつの部屋に向かって、声を掛けた。

「さーわーべーーん!」

すぐに、部屋の窓が開いた。真夏なのにまったく日焼けしてなくて、モヤシみたいに青白いあいつの顔がのぞいた。

「あ、リョウくん!」

「沢勉、勉強ばっかしてないで、少しは外で遊びない!体に悪いに!」

僕は、あえていつものように沢勉をからかった。

「うるせーら。リョウくん、今日は、どうしただ?」

沢勉は、そんな僕の甘えを受け入れてくれた。今まで僕らの間には、何事もなかったかのように返してくれたのだ。こいつは、本当にいい奴だ。

「沢勉!」

「なにい?」

 僕は、大きく深呼吸して、

「今まで、ゴメンなー!」

 かなりの大声で叫んだ後、僕は、二階の沢勉に向かって頭を下げた。

沢勉となら、こんなことしなくても、すぐに元の関係に戻れるような気はした。

でも、ここはきっちりしておかないと、と思ったのだ。

沢勉は、逆に面食らった様子で、

「ちょ、やめてやー。いいわーそんなの。近所迷惑だで、早く上がってきない」

 まったく気にしていない様子で家に招き入れてくれた。

 そうなのだ。

 本当は、リキヤなんかより、沢勉の方がずっと度量が広い男なんだ。

 僕は、玄関で乱暴に靴を脱ぎ捨て、リビングに向かって

「おばさん、こんちわ!」

と声を掛けてから、ダッシュで二階に駆け上がった。

 ヤンキーグループからの制裁は、果たして解除されたのかどうか、昨日の様子だとまだ判断しかねるところだった。

 だが、夏休みに沢勉の家で会うぐらいなら、クラスの連中にばれる恐れもない。沢勉が巻き添えになることはないだろう。

 部屋に入ると、机の上には問題集が開かれていた。やっぱりこいつは、勉強していたのだ。

「沢勉、ほんと真面目だらあ」

「えー、まあねー。なりたいものがあるからね」

「え、何になりたいだ?」

 小さい頃から一緒にいるけど、沢勉からこの手の話を聞くのは初めてだった。

「僕さ、弁護士になりたいだよ」

「弁護士?弁護士…って、あの裁判とかの?」

「そうだよ」

「へえ、すげえ。沢勉ならなれそうだけど。なんで弁護士になりたいだ?」

「うん…てゆうかさ、僕もリョウくんに謝らんといけんだよね」

「え、なんでえ?」

「リョウくん、ごめんな。リョウくんがクラスのみんなに無視されてるとき、僕も一緒になって無視しちゃったじゃん」

「え、もういいって。沢勉は、体が弱いから、ああするしか、仕方ないじゃんか」

「そうだよ。ケンカなんて絶対に出来やしない。ヤンキーの人らが怖いもんで、黙ってるしかなかっただよ。でも、そんなの僕だって悔しかっただに。好きで黙ってるわけじゃないだもん」

「沢勉…」

「もう、あんな惨めな思いしたくないだよ。友達が困ってるときに、助けられないなんて。友達を無視して、よく知らん乱暴な奴らの機嫌を伺わないといかんなんて。そんなかっこ悪いこと、もう、したくないだよ。だから…」

「だから…弁護士を目指すだ?」

「そうだよ。中学生のうちは、腕力がモノを言うで、あいつらの天下だら。だから、きっとまだまだ悔しい思いをするら。でも、大人になったら、頭で勝負すりゃあいいで。いっぱい勉強して、弁護士になって、自分の大事な人たちを、むかつく奴らから守れるようになりたいだよ」

「沢勉…」 

悔しい思いをしているのは、僕だけじゃなかった。沢勉もまた、僕と同じように、唇をかみ締めて悔しい思いを我慢していたんだ。

ヤンキーグループにいる時は、ぼっけーの奴らの気持ちなんて、考えてもみなかった。

みんな、どいつもこいつも、ヤンキー達の暴力を恐れて、わが身大事さに黙っているだけで、何も感じていないように見えた。

でも、それは間違いだった。こんなモヤシっ子の沢勉ですら、ヤンキーのやることに憤りを感じていたのだ。あの時黙っていたクラスのぼっけー達の多くも、好きで黙っていたわけじゃないかも知れない。

 僕は、沢勉がこんなことを思っていてくれたことを知って、もう二度と、コイツを裏切るようなことはすまいと心に誓った。