読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生が夏休みにヒッチハイクで一人旅に出た話

中学生がヒッチハイクで一人旅に出た話です。

夏休みの研究

最初の旅から帰って
この記事をシェアする

夏休みの間は、ほとんど毎日、沢勉の家に入り浸っては、旅の写真を見せたり、旅で出会った人々の話をした。

ついでに、夏休みの宿題の方も、沢勉がやったものを写させてもらったからバッチリだ。バレないように、丸写しはせず、ちゃんと適度に間違えてあるから問題ない。

 残るは、夏休みの自由研究だけだった。

 旅に出る前から、夏休みの研究は、ヒッチハイク一人旅のことを書こうと考えていた。

 だから、旅の最中も、毎日旅日記をつけていた。

 その旅日記と、日記を書く暇がなかったときに書いたメモ書きなんかをまとめて、出来るだけ丁寧に清書した。

 沢勉にも、いろいろとアドバイスしてもらった。

「ここに貼るなら、こっちの写真のほうがいいら」

「えっ、こっちのほうが良くね?」

「関西とか、九州のことなんて、みんな良く知らんで、地図とかも書いたほうがいいに」

「あー、なるほど」

「この門司港レトロって何い?」

「え、ああ、知らん。なんかレトロな港だら」

「リョウくんの説明じゃ、よくわからんら。あ、パンフレットもらってきてるじゃん。これを糊付けして貼るか」

「沢勉、この日の日記は、写真もパンフレットもないだけん」

「じゃあ、なんか挿絵でも入れよう」

 こんなふうに、ああでもない、こうでもないと言いながら、二人で旅日記を完成させた。

 完成した日記を見て、僕は思わず、

「なんか、立派だら」

と、つぶやいていた。

「うん、思いのほか、いいものが出来たね」

「俺の旅が、こんなカッコいい感じでまとまるなんて」

「これ、けっこう面白いと思うよ。案外、金賞とか獲っちゃうんじゃない」

「いやー、さすがにそれはないらー」 

 そうこうしているうちに、夏休みが終わり、新学期が始まった。

僕は、夏休みの自由研究として、

ヒッチハイク一人旅―静岡県~福岡県」

を提出した。

 他の宿題も、沢勉のおかげで提出出来たし、これでひと安心だ。

 生徒達が提出した夏休みの研究は、職員室前の廊下に展示された。

 その横には、投票用紙と投票箱が備え付けられ、生徒達は、

「これイイじゃん」

と思った作品に投票出来るようになっている。

 得票数と、先生方からの総合的な評価が加味されて、金賞、銀賞、銅賞が決定されるという仕組みだ。

 ある日、沢勉と一緒に、ずらりと並べられた作品を見に行って、

「沢勉、俺、なんかゲンナリしてきたわ」

 僕は、思わず弱音を吐いてしまった。

「自信持ちない」

「いや、だってさ、見てみぃ。他の奴らの自由研究。【太陽電池で走るミニカー】とか、【アルマジロの観察日記】とか、なんかすごそうなのばっかじゃん」

「大丈夫だって」

「沢勉のに至っては、【税金の仕組み】なんて、クソ難しそうなことやってるじゃん」

「でも、リョウくんのが一番、普通じゃないし、面白いと思うけんね」

「いやいや、俺さ、自信なくすどころか、心配になってきただよ」

「何でぇ」

「そもそもさ、俺がきちんと許可をとって旅に出たのは、夏休みの研究をするのが面倒くさいもんで、旅日記を出すことでお茶を濁したいと思ったからだに」

「うん、別にいいじゃん」

「こんなん 楽をしたいからっていうの、バレバレじゃん?逆に、先生方に怒られやせんかね?賞を獲るどころの話じゃないら。なんかお腹痛くなってきた」

 そんなふうに、内心ヒヤヒヤしながら沢勉と話していると、職員室の扉がガラッと開いた。

「うぎょえあっ!」

 僕は、今の話を聞かれたと思って、仰天してしまった。ついでに屁もこいてしまった。

 職員室から出てきたのは、担任の松浦先生だった。

「田中、ちょっと職員室に来てくれるか」

「は…はい」

 僕は、観念して職員室に入っていった。沢勉は、服役に向かう友人を見送るかのような表情で、心配そうに僕を見ていた。

 職員室に入ると、4~5人の先生方が、一斉にこっちを見た。

 どの顔も、怒っているのか、笑っているのか、判断しかねる不可解な表情をしていた。

 松浦先生は、僕を自分の机の隣に座らせると、

「田中、あの旅日記に書かれていることは、本当か?」

と聞いてきた。僕は、

―来たっ!やっぱり怒られるんだ!

と思ったが、仕方なく正直に、

「ほ、本当です。すみませんでした」

と答えた。

 先生は、少し大きなため息をしてから、

「そうだな。大変なことだ」

と言って、こう続けた。

「お前は、一学期に先生の許可をもらう時、静岡県内を徒歩で旅するって言ってたよな。東海道五十三次を巡るとか言って。だからこそ、先生は許可を出したのに、北九州まで行っちまったのか」

 てっきり僕は、いいかげんな作品を出したことを怒られると思っていたのに、なんだか様子がおかしい。そう思いながらも、面倒くさいので、

「はい。すみません」

と、また謝った。

「しかも、ひとりで、ヒッチハイクで」

「はい。すみません」

 周りにいた、ジャージ姿の男の体育教師が、突然、

「ハッハッハッハ!」

と笑い声をあげた。

僕が、ビクビクビクウッとして、また屁をこきそうになるのをギリギリでこらえ、

―うわああ!なんだよ。やめろやジャージ!

と思っていると、松浦先生は、

「大したもんだな。お前は」

と言って、僕の肩をバンバン叩き、

「夏休みの自由研究は、お前が金賞に決定しそうだから。いいな?」

と、告げた。

僕は、思っていた展開と違って、少々頭が混乱しながら、

「あー、はい」

と、アホのように答えて、職員室を出た。

 職員室の外では、中でのやり取りを盗み聞きしていた沢勉が、親指を立ててウィンクしていた。僕は、

「キモイわ!」

と言って笑顔で沢勉の頭をはたき、小走りでトイレに向かった。