読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生が夏休みにヒッチハイクで一人旅に出た話

中学生がヒッチハイクで一人旅に出た話です。

中3の夏 旅日記 8月7日(土) 神奈川県箱根町~横浜

この記事をシェアする

今日は六時半頃に目が覚めた。昨日はほとんど眠れなかった。酔っ払いはうるさかったし、座っているのが疲れてきて、無理な体勢で寝ていたら、体中が痛くなった。

 しかし、いつまでもトイレにいたってしょうがないので、外に出てヒッチハイクすることにした。地元の人に聞くと、

「小田原に行くと、かえって東京に行く車が少ないかも知れんぞぉ。ここだったら、箱根から東京の方へ帰る観光客がいるかもしれんから、ここから一気に行った方がいいんでないかい?」

とのことだ。

 でも、それだったら昨日そうしていれば良かった気もするので、「小田原方面」のボードと「東京方面」のボードの二つを使う作戦にした。

 すると、開始から30分ほどして「東京方面」のボードで一台の乗用車が止まった。

 名古屋から来た男性二人、女性一人の三人組で、東京の友人を訪ねに行くと言う。横浜までなら乗せてくれると言う。もちろん乗せていただく。そして、

「君、朝食食ったの?」

と聞かれたので、

「まだっす。」

と答えたら、コンビニでサンドウィッチとジュースをおごってくださった。

 東京へ行くのは初めてらしく、僕と後部座席の兄ちゃんで必死こいて地図を調べ、ナビの役割を果した。助手席の姉ちゃんは、ずっとグローブ型の音がガシャーンて鳴るおもちゃで遊んでいた。 そして、やっと横浜中華街に着き、四人でラーメン屋に入って昼飯を食べ、別れた。

 それから一人でしばらく中華街をふらつく。中華街には中国人もたくさんいて、いろいろ面白い物が売っていた。ブルース・リーのめちゃくちゃカッコイイTシャツが売っていて、格闘技好きの僕はのどから手が出るほど欲しかったが、高かったのでやめた。

 それからまた、東京に向けヒッチハイク開始!すると30分ほどして一台のワゴンをゲット!男性二人組で仕事帰りのようだった。

そして、いろいろ話をしていて、野宿の話をしたら、運転していた穂垣さんが、

「お前、今日泊まる所ないんだろ?だったらウチ来いよ。」

と言ってくれたので、お世話になることに。そして穂垣さんの家に着き、もう一人の兄ちゃんが帰って、家に入れてもらった。

それからシャワーを借り、洗濯物も洗濯機で洗わせてもらって、しばらく休んでから外へ出かけた。どっかの工場に行って、そこで穂垣さんの友人の中村さんと合流して、ラーメン屋に行っておごってもらった。

それから穂垣さんの家で三人で遅くまでくっちゃべっていた。今日のYAPは、洗濯物を干したり、ジュースを買いに行ったりした。そして、中村さんが帰って、今日はもう寝ることにした。