読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生が夏休みにヒッチハイクで一人旅に出た話

中学生がヒッチハイクで一人旅に出た話です。

夕焼けメリケンサッカー

この記事をシェアする

「クソッタレ」

歩道橋の手すりに頬杖つきながら、つぶやいた。

f:id:rakkyokun:20170227030928j:plain

変顔して人をおちょくる奴らのように、歪んだ夕日がこっちを見ている。

 

「なんだこのボケ。こっち見てんじゃねえ」

 

本当は、うっぷん晴らしに怒鳴り散らしたかったところだが、ここは通学路の途中だ。

 

僕の後ろを、下校途中の中学生達が次々に通り過ぎていく。

 

ここで叫んだら、明日から余計に学校に行きづらくなる。

 

だから、手加減してつぶやきにしてやった。

 

言葉は精一杯パンクなモノをチョイスしたつもりだけど、青春ドラマのようにはいかない。

 

僕の人生は、いつもどこか、こんな風にダサくて、キマらない。

 

目をショボショボさせながら、夕日を睨み返していると、誰かが声をかけてきた。

 

「あの…、ショウくんさあ…」

 

振り返ると、眼鏡を掛けた、栄養が足りてなさそうに青白い少年が、僕の後ろに立っていた。

 

こいつの名前は沢辺智治。

 

小学校からの付き合いで、僕のただ一人の友達だ。

 

気が弱く、勉強ばかりしているので、沢辺のガリ勉、略して「沢勉」と呼ばれている。

 

「なんだ、沢ベンかよ。何い?」

 

つっけんどんに言い放つと、僕は夕日に向き直った。

 

「なんていうかさ…、ショウくん、大丈夫かね?」

 

「あ?別にどうもしてねえわ」

 

「だけんさ、クラスであんなこんになっちゃったでさ」

 

「うるせえな。お前には関係ねえわ」

 

「でも…なんか、ごめんよ。僕、怖くて何も出来んかっただよ」

 

「別にいいわ。お前にナントカできることじゃねえだもん」

 

「ほんと、ごめん」

 

「あーもういいからさ。行けや。俺と話してたら、お前までハブられるに」

 

「でも…」

 

「うっせえな。もう行けや!」

 

 沢勉は、僕に怒鳴られると、ためらいながらも歩道橋を駆け下りていった。

 

 

 

あいつはいい奴だけど、頼りにはならない。

 

今の僕の状況は、自分で何とかしないといけないんだ。

 

夕日を背にして手すりにもたれかかり、ポケットの中をまさぐる。

 

そして、通販で買ったばかりのメリケンサックを握り締めた。

 

今日から俺は変るんだ!

 

メリケンサックの状態を確認すると、深呼吸をして、奴らが来るのを待った。

 

しばらくすると、学校の方から、耳障りでイラッとするような笑い声が聞こえてきた。

 

同じクラスのヤンキーどもだ。

 

心臓の鼓動が早まってくる。

 

奴らは、数日前までは友達だった。でも、今は「敵」だ。

 

自分のプライドを守るために、そして、ダサい自分を葬り去るために、僕は、やらなきゃいけないんだ。

 

アホ丸出しの、性格悪そうな笑い声が、だんだん近づいてくる。

 

歩道いっぱいに広がって、恐ろしくレベルの低い、下品な会話を撒き散らしながら、我が物顔で歩いてくる。

 

周りの普通の生徒たちは、気配を殺して、歩道の隅っこを歩いているのに。

f:id:rakkyokun:20170227032344j:plain

 

ヤンキーどもめ、そういう行動が、どれだけ人のプライドを踏みにじっているのか、わかっていやしない。

 

「思い知らせてやらあ!」

 

もう一度、メリケンサックの感触を確かめた。

 

ヤンキーどもは、もう歩道橋の下まで来ている。

 

階段を、ゲラゲラ笑いながら、一段一段上ってくる。

 

心臓が爆発しそうだ。

 

走ってもいないのに、呼吸が乱れてきた。

 

あともう一段か二段で、奴らと目が合ってしまう。

 

そう思ったそのとき、僕はまた夕日の方を向いて、手すりに頬杖をついた体勢に戻った。

 

「あっ!」

 

咄嗟に、握っていたメリケンサックを落としてしまった。

f:id:rakkyokun:20170227031854j:plain

メリケンサックは、夕日に照らされてキラキラしながら、歩道橋の下を走る国道一号線に落ちていった。

 

そのまま、奴らと目が合わないように、まるでしばらく前から、そうしていたかのように装っていた。

 

 夕日と見つめ合うオカシナ僕に気づくと、ヤンキーどもは案の定、僕を挑発してきた。

 

「てか、田中がたそがれてるんだけど」

 

「マジ意味わかんねーし」

 

「うぜー。マジうぜー!」

 

「つか消えろや、マジで」

 

「もう学校来んな」

 

奴らの挑発に、僕のはらわたは、煮えくり返っていた。

 

だけど、体は硬直して動かない。

 

 

こうしていれば、挑発に乗って暴れたりしない大人な人物に見えるはずだ。

 

もしくは、夕日の美しさに感動し過ぎて、悪口など全く耳に入っていない純粋な少年に見えるだろう。

いや、見えてくれ、たのむ。

 

そんなふりをして、この屈辱を回避しようとした。

 

 

 

でも、そんなのは……全部うそだ。

 

悔しさとカッコ悪さで、顔面は梅干みたいになっていた。

 

夕日に顔を向けていれば、陽射しが単語帳の暗記フィルターのようになって、僕の情けない表情を覆い隠してくれるだろう。

 

だから、振り返ることすら出来ない。

 

 

「へっ、腰抜け!バカじゃネエの?」

 

「うひゃひゃひゃひゃひゃー!」

 

奴らめ、心底人をバカにした笑い声を上げて、去っていきやがった。

 

 

くやしい

 

くやしい

 

くやしい…

 

でも、体は動かないし、口の中はからからで、とても言い返せやしない。

 

それから、ヤンキーどもの近所迷惑なバカ話が十分遠ざかったのを見計らって、

 

 

「うがああああああ○×☆▼!」

 

 

と、言葉にならない叫び声を上げながら、一気に歩道橋を駆け下りた。

 

なけなしの小遣いを貯めて買ったメリケンサックは、もうどこにもなかった。

 

歩道橋の下の国道は、この静岡の片田舎の町から、東は東京、西は大阪に向かって、真っ直ぐに伸びていた。

f:id:rakkyokun:20170227032825j:plain

 

 

「ダセエ!ダセエ!ダセエエエエエ!!オレはすっげえダセエ!!」

 

 

もう、周りの視線はどうでも良くなって、奇声を上げながら国道を走った。

 

コンバースのハイカットは、反骨精神の象徴だけど、アスファルトを走るには靴底が薄すぎる。

 

すぐに疲れ果てて、息を切らして立ち止まり、両膝に両手を置いて、息を整えた。

 

「はあ…はあ…はあ…」

 

ふと、顔を上げると、また、あの夕日が僕をおちょくっていた。

 

歪んだ夕日が、奴らの顔のように…。

f:id:rakkyokun:20170227033059j:plain

 

「なんだよ!てめえ!キラキラしてんなや!俺はな、お前みたいな自信満々に輝いてる奴が大嫌いなんだ!堂々と人を見下してんじゃねえよ!このクソボケエエエエエエ!」

 

全力で走って、全力で怒鳴ったからか、口の中は少し鉄の味がした。

 

不覚にも、また涙が溢れた。

 

それを夕日に照らされたくなくて、僕はまた、顔を伏せて路上に崩れ落ちた。

 

「どうせ…俺は…かっこ悪いよ」

 

くやしさと、情けなさと、足が痛いのを我慢しながら、学校の誰にも会わないような道を帰った。 

 

家に帰ると、台所の母親が、夕飯の支度をしながら、話しかけてきた。

f:id:rakkyokun:20170227033221j:plain

 

「あー、おかえりい。早かったじゃんか。おやつあるに」

 

答える代わりにカバンをソファに投げつけて、二階の自分の部屋に入った。

 

部屋に入ると、すぐにヘッドフォンをつけ、大音量でブルーハーツを聴きながら、ベッドに突っ伏した。

 

そうしていると、くやしさがさらに込み上げてきた。

 

いつもなら、壁を殴りつけるところだ。でも、部屋の壁はもう穴だらけで、殴る余地もないし、拳もいまや、傷だらけだ。

 

仰向けになり、

 

!!」

 

と、やり場のない怒りを天井に向かってわめき散らした。

 

しばらく大声を出していると、意外にも気分はすっきりして、だんだんとテンションが上がってきた。

 

反対に、頭はめずらしく冷静になっている。

 

 

ぼーっと天井を眺め、ただひたすらブルーハーツを聴き続けた。

 

 

いつしか僕は、自分のプライドを取り戻すための計画を、考え始めていた。